« 平べったいトビケラの巣 | トップページ | クズのつるに沢山の小人たち! »

2007年6月23日

ミソハギの花-3タイプ

ミソハギの花が咲いていました。ミソハギの花が咲き始めると、夏も近いなあと感じます。

00

ミソハギの花はよくみると、3つのタイプがあるのですが、なかなか1箇所で、3タイプそろってみることができるところはあまりないのではないでしょうか。ところが、ばっちり3つのタイプを見比べることができる場所をみつけちゃいました。

ミソバギの雄しべは12本あり、6本ずつ長短2つのグループに分かれています。一方、雌しべの長さは、花によって、長、中、短の3つのタイプがあり、長短2つの雄しべとの組み合わせで、それぞれの長さの順番が、

① 長い雄しべ- 短い雄しべ - 雌しべ1_3

② 長い雄しべ- 雌しべ  - 短い雄しべ2_3

③ 雌しべ   - 長い雄しべ - 短い雄しべ3_2

株毎にどのタイプの花をつけるか決まっています。

雄しべの位置によって花にやってきた虫の身体に花粉の付く場所が異なり、違うタイプの花の花粉がつきやすくなるということで自家受粉をふせいでいるようです。

手が込んでいますね。

|

« 平べったいトビケラの巣 | トップページ | クズのつるに沢山の小人たち! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/15525720

この記事へのトラックバック一覧です: ミソハギの花-3タイプ:

« 平べったいトビケラの巣 | トップページ | クズのつるに沢山の小人たち! »