« 謙虚な(?)な雄しべ | トップページ | タガラシの蜜皿 »

2007年4月 5日

エノキの花

「目立たない樹の花」第3弾です。

エノキの花は、小さくてしかも色が薄緑色なため、新葉にまぎれて目立ちませんが、枝先でたくさん咲いていました。

Photo_17

雌雄同株で、両性花と雄花があります。新しくでた枝の先の方に両性花が、下の方に雄花がついています。両性花は、花被片と雄しべが4、雌しべ1で、白い毛がある2裂した幅のある花柱が目立ちます。雄花は、花被片4、雄しべ4です(上の写真にはどちらも5個ある花も写っています、たまにはそういうものもあるようです)。花被片と雄しべの花糸は半透明で重なっているので、雄しべだけのように見えます。葯は薄緑色で、さわやかな色あいの花です。

|

« 謙虚な(?)な雄しべ | トップページ | タガラシの蜜皿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/14558035

この記事へのトラックバック一覧です: エノキの花:

« 謙虚な(?)な雄しべ | トップページ | タガラシの蜜皿 »