« エノキの花 | トップページ | コガタルリハムシの雌 »

2007年4月 7日

タガラシの蜜皿

タガラシの花が咲いていました。緑色のイチゴのようなメシベ群と黄色の花弁と雄しべの取り合わせがきれいです。葯は弾けて花粉をたくさんだしていましたが、雌しべはまだ、未熟な状態のようでした。

Photo_18

花弁をみると光っているというか、色合いが違う部分がありました。

Photo_19

ルーペで見ると、花弁の表皮がつぶれたマメのような状態になっていて、ちょうどスープ皿のような感じで液体状のものが入っていました。きっと蜜皿じゃないかな・・・と思います。 もし、蜜が入っているなら、いくら毒のある草でも、蜜は蜜だとは思うのですが・・・、なめて確かめてみる気には、ちょっとなれませんでした。

|

« エノキの花 | トップページ | コガタルリハムシの雌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/14650663

この記事へのトラックバック一覧です: タガラシの蜜皿:

« エノキの花 | トップページ | コガタルリハムシの雌 »