« コガタルリハムシの雌 | トップページ | アルファルファタコゾウムシ »

2007年4月13日

キタヒメヒラタアブの産卵

春ですね、また産卵の話題です。

ヒラタアブの仲間と思われるハナアブが、カラスエンドウの花の周りを飛んでいました。なんか飛び方がへんな感じです。花にとまらず葉にとまっています。よくみるとお尻の先を葉にこすりつけているようでした。もしかして、と思ってみていると、飛び立った後に、小さな白い点の様なものがついていました。卵でした。

2_2

一箇所に1粒ずつ、次つぎと卵を産み付けていきます。産み付けている葉には、アブラムシがいました。そういえば、ヒラタアブ類の幼虫はアブラムシを餌としていたはず。なるぼど! 親はちゃんとエサがいる葉を選んで卵の産み付けていたのですね。でも、カラスノエンドウには、アリもけっこういました。卵は無事でしょうか。

1_2

ちょっと一休み、じっと止まってくれたので、お腹の縞模様がよくみえました。キタヒメヒラタアブあるいはマメヒラタアブと呼ばれているアブのようです。

|

« コガタルリハムシの雌 | トップページ | アルファルファタコゾウムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/14671786

この記事へのトラックバック一覧です: キタヒメヒラタアブの産卵:

« コガタルリハムシの雌 | トップページ | アルファルファタコゾウムシ »