« カンアオイの花 | トップページ | 緑の4本角? »

2006年3月15日

ミツマタの花

北の丸公園で、ミツマタ(ジンチョウゲ科)の園芸種のアカバナミツマタが咲いていました。

akabanamitumata060315b

少し離れたところに、ミツマタの花も咲いていました。

mitumata060315

見た目は、色が違うだけのようですが、香りは黄色の普通のミツマタの方が強くて良い香りでした。

赤色や黄色の花弁に見えるものは萼で、花弁はないとのこと。またまたです。枝についているところをみると↓、

akabanamitumata060315-2b

確かに、萼状のものはありません。うす茶色のものが2,3個ついていますが、総苞とのこと。たいていは冬の間に落ちてしまうのが残っているようです。筒状になっている萼の外側には、ふわふわの白い毛がびっしり生えています。白い毛皮のコートですね。寒さ対策は、バッチリという感じです。先端部分、4裂し色がついたところが、花びらと同じ働きをしているわけですね。

花を見ると雄しべは4個のように見えますが、奥にもう4個、あわせて8個あるそうです。雌しべのほうはどうなっているのか、よくみえませんが、雄しべを上下2段にして、花粉を虫のお腹にくっつけやすくしているのでしょうね。

mitumata060315-5

|

« カンアオイの花 | トップページ | 緑の4本角? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/9110367

この記事へのトラックバック一覧です: ミツマタの花:

« カンアオイの花 | トップページ | 緑の4本角? »