« やっと数輪咲いていました。 | トップページ | ネコヤナギの雌しべ »

2006年2月25日

ウメの雌しべ

2月25日 小石川植物園に行って来ました。

早咲きのウメが見ごろでした。花を見て回っていると、ちょっと変わったツボミが目につきました。

ume-1

やや開いた花弁の先から、にゅーと雌しべの先が突き出ていました。その樹の開いている花は、こんな↓感じで、雌しべは長めです。

ume-2s 

では、他の樹ではどうかなと思って、隣の樹をみると、

ume-4s

こんな↑感じで、全体的に短めでした。

他の樹も、順々にみていくと、長めのもの、短めのもの、途中でくの時に曲がっているものなど、けっこう違いがあっておもしろいなあと思いながら、ある紅梅の花をのぞくと、なんと花柱が途中で、2本に分かれていました。ume-kangoromo-1s

ume-kangoromo2s

エッ?と思って隣の花をみると、そちらは3本にわかれていました。他の花も2~3本に分かれていました。品種名は、確か寒衣だったと思います。花柱が途中から2~3本に分かれているものは、見た限りでは、その樹1本でした。

いままで、ウメの雌しべがどうなっているか、しげしげと見たことなかったので、これからちょっと気を付けて見てみたいと思います。

|

« やっと数輪咲いていました。 | トップページ | ネコヤナギの雌しべ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155224/8878304

この記事へのトラックバック一覧です: ウメの雌しべ:

« やっと数輪咲いていました。 | トップページ | ネコヤナギの雌しべ »